シミ サプリ

シミサプリでシミのない美しい肌を手に入れる

美白 画像

女性にとって、シミのない美しい肌はいつまでも続けたいものですが、
UVや加齢によって常にお肌はシミの危険と向き合っています
そのため、毎日シミ対策をしている方も多いのではないでしょうか。

 

美白化粧品に頼るのも悪くはありませんが、肌質に合わないと
肌荒れのリスクがありますし、白斑も怖いですよね。

 

 

シミサプリ 画像

そこでおススメしたいのが、インナーケアによって内側からシミへ
直接アプローチし、効果的にシミを改善できるサプリメントです。

 

シミに効くサプリは多く販売されていますが、このサイトでは
特に口コミで評価の高いシミ改善サプリをご紹介しています。

 

 

シミを効果的に予防したい方、既にシミができてしまい悩んでいる方、
シミサプリでシミの悩みをスッキリ解決してみませんか?

 

内側から健康的に美白を目指したい方は、当サイト一押しのシミサプリ
ぜひ一度試してみてください。

 

シミに効くサプリ口コミ人気ランキング【最新版】

ロスミンローヤル
ロスミンローヤルの特徴

国内でたった一つのシミや小じわを改善する医薬品

美白作用があるアスコルビン酸やL-システインをはじめ、
その他美容効果や健康維持にも効果が期待できる
9種類の生薬を贅沢に配合した、今までに無いシミサプリ

将来のシミ・小じわの予防はもちろん、
今あるシミや小じわにも強力にアプローチ

今口コミでもっとも人気のシミに効くサプリ

価格 8,208円2,052円
シミケア評価 シミ サプリ 評価
備考 270錠(約1ヶ月分)1日3錠×3回、期間限定で今なら75%OFF

定期コースなら2回目以降も25%OFF(最低継続回数1回[初回解約OK])
全国送料無料(定期コースのみ)

ロスミンローヤルの全成分

L-システイン160mg,DL-メチオニン100mg,アスコルビン酸180mg,ビタミンB:110mg,ビタミンB2:10mg,ビタミンE散(75%)50mg,ビタミンB6:5mg,ビタミンB12:5μg,ニコチン酸アミド30mg,パントテン酸カルシウム15mg,カルニチン塩化物50mg,安息香酸ナトリウムカフェイン100mg,グリチルリチン酸一アンモニウム10mg,ローヤルゼリー50mg,トウキ末100mg,シャクヤク末200mg,ブクリョウ末150mg,ソウジュツ末150mg,タクシャ末100mg,センキュウ末100mg,ハンゲ末100mg,ニンジン末100mg

 

ホワイトショットインナーロックIX
ホワイトショットインナーロックIXの特徴

ポーラの美白ブランド、ホワイトショットから誕生した
インナーケア専用の「食べるホワイトショット」

独自成分のブランノール(R)が従来とは異なる角度から
シミへアプローチをする、新発想のシミサプリ

ベストコスメ賞を受賞して人気・実績ともにバツグン。

価格 6,480円
シミケア評価 シミサプリ 評価
備考 60粒入り(約1か月分・1日2粒)、大きなリフィルサイズもあり
ホワイトショットインナーロックIXの全成分

還元麦芽糖水飴,インドキノキ抽出物,ビタミンC,ビタミンE,炭酸カルシウム,グラニュ糖,粉飴,ヒハツ抽出物,結晶セルロース,卵殻カルシウム,糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム,アラビアガム),ヒドロキシプロピルセルロース,ショ糖エステル,シクロデキストリン,着色料(二酸化チタン),タルク,シェラック,カルナウバロウ,ゼラチン

 

マスターホワイト
マスターホワイトの特徴

こだわりの美容成分をたっぷり配合した「新発想のシミサプリ」

アスコルビン酸やL-シスチンといったシミ取り成分を中心に、
プロテオグリカンやエラスチン、アスタキサンチンといった
厳選の美容成分を豊富に採用。

サプリでありながら、医薬品にも劣らないシミ取り作用に加え、
医薬品では得られない、優れた美肌作用が実感できる。

価格 10,800円6,480円
シミケア評価 シミサプリ 評価
備考 120錠(約1ヶ月分)1日2錠×2回、期間限定で今なら40%OFF

定期コースなら2回目以降も20%OFF(最低継続回数1回[初回解約OK])、
1個から全国送料無料

マスターホワイトの全成分

アスコルビン酸66mg,L-シスチン240mg,ヒアロコラーゲン4mg,エラスチン240mg,
プロテオグリカン12mg,アスタキサンチン10mg,ビタミンB2,B6,Eなど

 

キミエホワイトプラス
キミエホワイトプラスの特徴

開発スタッフが母親のシミ対策のためにつくったサプリ。

製薬メーカーが開発した第3類医薬品で、顔だけじゃなく
腕や背中など気になるシミに徹底アプローチ

シミサプリとしてのネームバリューも高い有名商品。

価格 4,536円2,052円
シミケア評価 シミサプリ 評価
備考 180錠(約1ヶ月分・1日2錠×3回)

全国送料・代引き手数料無料(定期コースのみ)
定期購入なら最大32%OFF(最低継続回数:1回[初回解約OK])

キミエホワイトプラスの全成分

L-システイン160mg,アスコルビン酸500mg,ニコチン酸アミド60mg,ビタミンB2:12mg,セルロース,無水ケイ酸,無水リン酸水素カルシウム,タルク,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,白糖,アラビアゴム末,ヒプロメロース,マクロゴール,酸化チタン及びカルナウバロウ,ゼラチン

 

ミルセリンホワイトNKB(京都薬品ヘルスケア)

ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKB(京都薬品ヘルスケア)の特徴

京都薬品ヘルスケアがつくった、シミをはじめ

大人ニキビ等にも効果が期待できるシミサプリ。

 

シミに効く成分として代表的なビタミンCを1000mg
L-システインを240mgと高濃度配合。

 

特殊なコーティング技術でつくられたカプセルを
使っていて、システイン臭を気にせず飲める

価格 4,320円2,980円
シミケア評価 シミサプリ 評価
備考 ビタミンCとして1000mg,L-システイン240mg,

ビタミンE,B2,B6など

ミルセリンホワイトNKBの全成分

180錠(約1ヶ月分・1日1〜3錠×2回)

今なら期間限定で今なら30%OFF
定期購入なら初回54%OFF(継続回数:最低1回[初回解約可])

 

シミトール

シミトール 画像

シミトールの特徴

製薬メーカーが開発したシミ専用サプリ

シミを改善するアスコルビン酸をたっぷり2000mg配合
メラニンの生成と沈着を防ぎ、シミを予防・改善する。

厚生労働省に効果を認定された第3類医薬品
なのに、無理なく続けられるコスパの良いシミサプリ

初めての方にもお試ししやすいリーズナブルな価格も大きな魅力。

価格 3,780円
シミケア評価 シミサプリ 評価
備考 180錠(約1ヶ月分・1日1〜3錠×2回)、粉末タイプもあり

期間限定で今なら64%OFF特典付き+全国送料無料(定期購入のみ)
定期購入なら2回目以降も26%OFF(最低継続回数:3回)

シミトールの全成分

ビタミンC2000mg,アスコルビン酸1400mg,アスコルビン酸カルシウム726mg,ビタミンB2:6mg

 

ピュアホワイトW

ピュアホワイトW 画像

ピュアホワイトWの特徴

資生堂が開発した、毎日の「白」が実感できるシミサプリ。

オリジナル成分クコの実や、こだわり成分アスタキサンチンに加え
シミの改善に欠かせないビタミンCも豊富に配合。
シミ対策をはじめ、美容全般+健康維持にも役立つ万能サプリ。

価格 4,320円3,333円
シミケア評価 シミサプリ 評価
備考 270錠(約1か月分・1日3錠×3回)、期間限定で今なら17%OFF
ピュアホワイトWの全成分

クコの実エキス,ハトムギ末,ビタミンC,ビタミンB2,ビタミンE含有植物油,加工でん粉,セルロース,糊料,ステアリン酸カルシウム,酵素処理ヘスペリジン,ヘマトコッカス藻色素,二酸化チタン

 

潤肌爽

潤肌爽 画像

潤肌爽の特徴

コラーゲンと高麗人参、杜仲茶の組み合わせによる独自技術で
今までに無い方法でシミを改善する、新しいシミサプリ

日本コラーゲン界の第一人者が開発し、顧客満足度も9割以上を占める
知名度、実績ともに高い任期商品。

他のシミサプリ以上に、シミ対策以外の美容効果や健康サポートにも
高い作用が期待できる。

価格 5,130円
シミケア評価 シミサプリ 評価
備考 90粒入り(約1か月分・1日3粒)、全国送料無料(定期購入のみ)

定期購入なら初回61%OFF(最低継続回数:1回[初回解約OK])

潤肌爽の全成分

コラーゲン,コンドロイチン,高麗人参エキス,杜仲葉,ヒアルロン酸,ビタミンC,白子抽出物,カキガラ末,フルクトオリゴ糖,COQ10,ビタミンE,ニコチン酸アミド,パントテン酸カルシウム,ビタミンB1,ビタミンB6,葉酸, ビタミンB12,ビタミン.A,ビタミンD,クチナシ黄色素,ショ糖エステル,セラック,カルナバロウ

 

ハイチオールCプラス

ハイチオールCプラス 画像

ハイチオールCプラスの特徴

シミに働きかけるアスコルビン酸やL-システイン
バランス良く配合した優秀なシミサプリ。

第3類医薬品で厚生労働省のお墨付き。

シミ対策はもちろん、疲れた体やお酒のお供としても
効果が期待できるオールマイティサプリ。

価格 4,536円1,865円
シミケア評価 シミサプリ 評価
備考 180錠(30日分・1日2錠×3回)、期間限定で今なら56%OFF
ハイチオールCプラスの全成分

L-システイン240mg,アスコルビン酸500mg,パントテン酸カルシウム24mg,セルロース,乳酸Ca,無水ケイ酸,白糖,ヒドロキシプロピルセルロース,ヒプロメロース,炭酸Ca,カルナウバロウ,ステアリン酸Mg,タルク,酸化チタン,トウモロコシデンプン,プルラン,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール

当サイトのランキングは、各シミサプリの総販売数や、顧客満足度、また各口コミサイトの
レビューや体験談などの評価を元に順位づけを実施したものとなっています。


シミサプリ人気ランキングのまとめ

今回ご紹介したシミサプリをベスト5で比較すると、このようになります。

 

シミサプリ ランキング

ロスミンローヤル

シミサプリ ランキング

シミトール

シミサプリ ランキング

マスターホワイト

シミサプリ ランキング

インナーロックIX

シミサプリ ランキング

ピュアホワイトW

商品

ロスミンローヤル 画像

シミトール 画像

マスターホワイト 画像

インナーロックIX 画像

ピュアホワイトW 画像

こだわり成分

9種の生薬

アスタキサンチン

プロテオグリカン

ブランノールR

クコの実エキス

ビタミンC

180mg

2000mg

66mg

45mg

1000mg

Lシステイン

160mg

240mg

シミ予防

★★★★★

★★★★★

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

シミ取り

★★★★★

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★☆☆

美容効果※1

★★★★★

★★★☆☆

★★★★★

★★★★☆

★★★★☆

健康維持

★★★★★

★★★★☆

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★★☆

コスパ

★★★★☆

★★★★★

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★★☆

口コミ人気

★★★★☆

★★★★☆

★★★☆☆

★★★★☆

★★★☆☆

商品分類

第3類医薬品

第3類医薬品

健康食品

健康食品

健康食品

内容

270錠(約1ヶ月分)

180錠(約1ヶ月分)

120錠(約1ヶ月分)

60粒錠(約1ヶ月分)

270錠(約1ヶ月分)

通常価格

8,208円2,052円

2,700円980円

10,800円6,480円

6,480円

4,320円3,333円

割引率

初回75%OFF

初回64%OFF

初回40%OFF

17%OFF

定期価格

2,052円(初回75%OFF)

※2回目以降25%OFF

2,000円(26%OFF)

6,480円(40%OFF)

最低継続回数

1回(初回解約OK)

3回

1回(初回解約OK)

総合評価

シミサプリ ランキング

シミサプリ ランキング

シミサプリ ランキング

シミサプリ ランキング

シミサプリ ランキング

※1 シミ対策以外の美容効果(ニキビ、肌荒れ、小じわetc)
※2 ビタミンCとL-システインの数値は1日当たりの摂取量
※3 表示されている値段は全て税込価格

 

 

口コミで最も人気があり、総合評価が高いのは、ロスミンローヤルです。

 

 ロスミンローヤル 画像

 

アスコルビン酸とL-システインの作用によって、体内から
シミを改善するインナーケアにはピッタリ

 

また、9種類の生薬の作用によって、シミ対策以外の多くの美容や
健康維持にも優秀な効果が期待できます。

 

国内で唯一のシミに効くシミサプリで、厚生労働省が効果を認めた
第3類医薬品という点も理由の一つです。

 

 

シミサプリには多くの商品があり、どれを購入すればいいか分からない
と悩んでいる方は、まずはロスミンローヤルをお試しください。

 

期間限定で今なら、初回限定の75%OFFキャンペーンでお得に購入ができますよ。

 

 

ロスミンローヤル

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

ロスミンローヤルのレビュー【人気シミサプリの効果は?】

今回は、大注目のサプリであるロスミンローヤルをお試ししてみた
体験レビューをしていきます。

 

 ロスミンローヤル 画像

 

米田薬品から発売されたロスミンローヤルは、サプリではなく
第3類医薬品としてアインファーマシーズから購入でき、
墓の商品に比べしわ・シミにとても高い効果があると評判です。

 

 

50代になってから目立ってきたシミや肝斑が私のコンプレックスで、
正直なところそこまで期待はしていませんでしたがいい機会だと思い、
今回お試してみようと決心しました。

 

 

早速お試ししてみたレビューをしていきます。

 

 

ロスミンローヤル注文の流れ

 

第3類医薬品であるロスミンローヤルは、便利なことにネット通販でき、
家に居ながら簡単に購入できます。

 

私自身もアインファーマシーズ公式サイトから注文しました。

 

 ロスミンローヤル 画像

 

公式サイトで注文したのには訳があり、初回限定でお得に購入できる
お試しキャンペーン中50%割引価格で購入できたからです。

 

しかも、単品・定期の2コースが自分の都合に合わせ選べるのも嬉しいですね。
もちろん初回限定お試しキャンペーンはどちらのコースにも使用できます。

 

注意しなくてはいけないのは、定期コースなら送料無料のところ、
単品コースを選んだ場合は送料が756円(沖縄や一部の離島は別料金)
かかってしまうことですね。

 

 

定期コースのイメージは、長く続けないとやめられないと思っている方も
多いと思いますが、ロスミンローヤルの定期コースは最低継続回数が
決められていないということで初回解約もでき、お肌に合わなかった時などでも
すぐ解約でき安心だと思います。

 

定期コースの場合は送料無料で単品コースよりお得ですし、初めてでも
お試ししやすいのではないでしょうか。

 

私も初回で早速定期コースを注文しました。

 

 

ロスミンローヤルが届くまで

 

注文した翌日に商品発送メールが届き、商品が実際に手元に届いたのは
注文から大体3日後でした。
お店の対応も丁寧で迅速でしたので、気持ちよく買い物できました。

 

 

 ロスミンローヤル 画像

 

ロスミンローヤルは、きちんと梱包され汚れや傷もまったくなく綺麗でした。

 

 

 ロスミンローヤル 画像

 

同梱されていたのは、説明書・ロスミンローヤル270錠(30日分)1瓶です。

 

一般的なサプリに同梱されているようなパンフレットやアンケートなどは
入っていませんでした。

 

 

ロスミンローヤルに配合されている成分

 

入っていた説明書を見てみると、配合成分と分量が書かれていました。

 

 ロスミンローヤル 画像

 

有効成分がたっぷり配合されていますが、特に注目すべきなのは、
皆さんもご存知のアスコルビン酸やL-システインなどです。

 

他にも美容に良いとされる9種類の和漢成分、ローヤルゼリーなどが
贅沢に配合されています。

 

ビタミンなども含まれているので、美容や健康にも良いとされています。

 

 

説明書に書かれていた効果・効能は、

 

 ロスミンローヤル 画像

 

1.シミ・しわ・そばかす・ニキビ・肌荒れ
2.肩こり・腰痛・神経痛
3.みみなり・めまい・のぼせ
4.体の冷え・冷え症
5.疲労・病中病後・食欲不振・栄養補給

 

 

他のサプリや薬と違うのは、シミ改善以外にも冷え症・冷え症などへの
嬉しい作用も実感できるところです。

 

ちなみに、口コミでは年齢を重ねるごとにできやすい肝斑改善にもおすすめ
と評判です。

 

 

次はロスミンローヤルを実際に飲んで、レビューしてみようと思います。

 

 

ロスミンローヤルを飲んでみて

 ロスミンローヤル 画像

 

蓋を開けても気になるニオイや嫌なニオイは感じず、無臭といえる
と思います。

 

 

 ロスミンローヤル 画像

 

手に出して見ると、小さめサイズで直径8ミリ程度で飲みやすい大きさ
ではないでしょうか。

 

1日の目安量と飲むタイミングは、1回3錠を水などと1日3回食後に
飲むようにという事です。

 

飲むと甘いコーティングの味が感じられましたが、飲みやすく
水で簡単に飲めました。

 

 

ロスミンローヤルの効果

 

他の体験者の口コミにも見られるように即効性は期待できない
ということで、飲むのを開始して2〜3日は変わった感じはしませんでした。

 

 

冷え症

 ロスミンローヤル 画像
私が最初に感じたのは、冷え症改善でした。

 

1週間くらい経過したあたりから、服用後に体の内側から
温かさが感じられポカポカしてきて驚きました。

 

冷え性改善におすすめの飲み方としては、就寝前に飲むことですね。
寒い日でも体が温かいまま布団に入れ、気持ちよく眠れますよ。

 

 

美容系

 ロスミンローヤル 画像
次に感じられたのは、肌質が改善されたことです。

 

半月くらい経過したあたりで、お肌にできていた吹き出物は消え、
肌荒れもしていません。

 

 

健康系

 ロスミンローヤル 画像
これに関しては、飲んでからずっと体調が良いので実感できています。

 

毎日忙しく家事・習い事・パートなどで動き回っていますが、
以前に比べ疲労感も感じずに元気に毎日過ごせてます。

 

風邪を引いたり、体調を崩すこともなくなり、これもこの商品のおかげかな
っと感じています。

 

肩こりなどの改善に関しては、肩こりで悩んでいない私にはわかりませんでした。
他の方の口コミでは、肩こり改善などへの作用は感じられないと言う声も
あるようです。

 

 

シミへの作用

 ロスミンローヤル 画像
私がこの商品を購入した一番のきっかけがこの目的でしたが、
1ヶ月きちんと飲み続けた結果・・・即効性は感じられませんでしたが、
時間をかけて薄くなってきたようです。

 

綺麗サッパリなくなったわけではありませんが、元から小さかったり
薄かったものは目立たなくなり、肌色自体もワントーン明るい色になった
と夫や友人からも言われました。

 

ただ、元から大きかったり濃かったものには、飲む期間が短い為か
あまり変化がなく、1ヶ月では完全にすべてのシミへの作用を実感するのは
難しいみたいですね。

 

 

肝斑への作用

年齢を重ねるにつれできてくる左右対称にできる肝斑は、
一般的なものとは違い、原因は女性ホルモンだそうです。

 

なので同じ対処法では改善が感じられず、最悪悪化する
可能性もあるということで見極めなど注意が必要です。

 

私の顔にできてしまった肝斑は、1ヶ月飲んでみて結構目立たなくなったので、
肝斑改善作用もあったようです。

 

 

ロスミンローヤルでの副作用の危険性

 

起きる危険性のある副作用

 ロスミンローヤル 画像

 

医薬品のロスミンローヤルは、用法容量を間違えたり守らないと
副作用が起きる危険性もあるということです。

 

なので、初めに説明書を読み、用法容量をしっかり守り飲みましょう。

 

説明書にあった副作用で起きる危険性のある症状は、

 

皮膚・・・かゆみ・発疹・発赤
消化器・・・下痢・便秘・吐き気・胃部不快感・食欲不振

 

飲んでからこんな症状が出たら飲むのをすぐ中止し、医師や薬剤師、
もしくは登録販売者へ相談するのが良いでしょう。

 

 

注意すべき点

 ロスミンローヤル 画像

 

ロスミンローヤルの服用にあたり、注意すべき点がいくつかあります。

 

通院中の方・薬などによるアレルギー症状の危険性がある、
起こしたことのある方は、服用前に医師・薬剤師に必ず相談するように
注意しましょう。

 

妊娠中・授乳中でも問題なく飲めるということですが、
不安なら飲む前に医師・薬剤師に相談した方が安心して飲めますよ。

 

女性が服用した場合、生理がいつもに比べ早くきたり、経血量が
多くなる場合があるそうです。
その症状が続いた場合も、念のため医師・薬剤師に相談するのが良いでしょう。

 

 

また、ロスミンローヤルにはビタミンB2が配合されていますので、
尿が少し黄色くなる場合があります。
これは、その成分が少し尿と一緒に排泄されているせいなので
安心して大丈夫です。

 

ちなみに、私は相性が良かったのか副作用などの異変は感じずに飲めました。

 

 

まとめ

 

最後に毎日ロスミンローヤルを1ヶ月飲み続けたレビューをまとめて
みようと思います。

 

 

ニオイと味に関しては嫌なクセもなく、大きさに関しても小粒で
スルッと飲め、続けやすかったです。

 

1日の回数的が3回で1回3錠ということで少し面倒かもと思いましたが、
毎日の習慣にしてしまえば面倒とも感じず続けられましたね。

 

 

効果については、冷え性・美容・健康についての嬉しい効果は
ちゃんと実感できました。

 

一番の目的であるシミに関しても、初めは効果なしでしたが、
1ヵ月飲みきった後では実感できました。

 

特に副作用なども感じず、しっかり飲み終えることができたので
良かったです。

 

 

しわ・シミへの嬉しい効果の他にも、様々な効果がロスミンローヤルなら
実感することが出きるので男性にもおすすめです。

 

気になった方、購入を考えた方は、一度公式サイトをご覧になってみて
はいかがでしょうか。

 

 

ロスミンローヤル

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る


顔のシミ 原因 男 女

顔のシミ コラム 画像

顔のシミが出来てしまう原因は男女によって違うの?

 

 

シミが出来ると大変な事だと言って女性は落ち込んだり、
騒いだりすることが多いですが、
男性はそこまでではないような気がします。

 

顔のシミが出来る仕組みは男女で原因が
異なっている
んでしょうか?
その違いについて、調べてみましたよ。

 

 

顔のシミが出来る原因は男女で異なる!!

 

顔のシミ コラム 画像

 

女性にとって顔のシミは敵以外のなにものでもないですね。
なんと、女性は男性よりもシミが出来やすいんです。

 

それはとても嫌なことですね。シミが出来る原因には、
女性ホルモンの中の黄体ホルモンが関係しているんです。

 

黄体ホルモンにはとても面倒な習性があるのですが、
それは紫外線などが皮膚に当たるとメラニン色素の作用が
パワーアップしてしまうというものです。

 

女性ホルモンが多いと顔のシミも余計出来やすくなるので
紫外線にはちょっとでも当たらないようにしなければ
ならないんです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

特に妊婦さんは女性ホルモンが増えて皮膚もデリケートになり、
突然顔のシミが増えてしまうことが多いんです。

 

産後落ち着いた時、顔のシミが急に増えていて
驚くことが少なくないようですよ。

 

シミは出来てしまうと消すことはとても難しいので
妊婦さんや妊娠希望の方は紫外線対策に力を入れた方が良いですね。

 

男性にも女性ホルモンはあるのですが、分泌量が少なく、
紫外線を浴びても女性ほどシミになることはないんです。

 

 

女性のメイクがシミを作っている?

 

顔のシミ コラム 画像

 

大人になると女性はメイクをしますよね。
夜はクレンジングでメイクを落としますが、この毎日の習慣が
顔のシミの原因になっているかもしれません。

 

顔のシミが出来る原因には、擦り過ぎも挙げられるので
クレンジングを優しく行わなくてはいけません。

 

顔のシミ コラム 画像

 

男性は女性のようにクレンジングする方は少ないので
皮膚にダメージを与えることがあまりなく、
シミの原因になることがないんです。

 

女性はメイクをしますし、ピーリングすることもあり、
肌に刺激を与えてしまう機会が多く、シミが出来やすくなるんです。

 

女性の方が男性と比較して顔に時間をかけることが多いので、
シミの原因を自分から作ってしまうことも多いんです。

 

これらのことから、女性はホルモンの関係上シミが出来やすく
メイクで肌にダメージを与えますので、
男性よりも余計シミが出来やすいんですね。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

顔のシミがかゆい

 

顔のシミ コラム 画像

顔のシミがかゆいってよくあること?

 

 

シミが出来てちょっと経つと、かゆくなることが
あるみたいですが、どうしてでしょうね?

 

かゆくなるシミと、そうはならないシミって
違いがあるのでしょうか?

 

 

顔のシミがかゆいのはどうして?

 

顔のシミ コラム 画像

 

シミがかゆくなったりしませんか?

 

はっきり言って、
普通のシミはかゆくなったりしません。

 

シミは、皮膚の色が変化するだけで、皮膚とは変わりないので
炎症も起きておらず、皮膚本来の作用はありますので
シミが原因でかゆくなるということはないんです。

 

しかし、シミから変化してしまうとかゆくなるので、
もしもかゆいなと感じた時は、もうシミが進行したものに
変わっているということなんです。

 

変わったシミとは、30代に入った頃から出来る
老人性イボのことなのですが、手の甲に出来ることが
多いんですよ。

 

はじめは普通のシミなのに、ちょっと時間が経つと
ちょっとずつ盛り上がってカサカサになり、
どう見ても普通のシミとは異なった状態になります。

 

顔のシミ コラム 画像

 

正式名が脂漏性角化症というものですが、
皮膚科のドクターは老人性イボという方が多いんです。

 

ネーミング通り、年を取ると数が増加して、
そのままにしてもなくなってしまうということは
まずありません。

 

顔のシミ コラム 画像

 

肌のストレス、紫外線を浴び過ぎたことで出来るので、
紫外線ケアを徹底している人は出来ないようです。

 

イボはなりやすい人、なりにくい人と別れますので、
体質によってはたくさん出来る人と全然出来ない人が
いるんですね。

 

保湿不足、肌のカサカサ、紫外線の浴び過ぎが原因なので
かゆくてついかいてしまうと、増えてしまって汚くなり、
男性はそのままにする人がほとんどですが、
女性は美容皮膚科などで除去する人がたくさんいます。

 

 

かゆいシミはそのままにしても良い?

 

顔のシミ コラム 画像

 

顔のシミや手の甲がかゆくなった時、イボと決めて
そのままにしていて良いのでしょうか?

 

老人性イボは良性悪性のものがあり、悪性のものは
そのままにしておくと恐ろしいことになってしまいます。

 

顔のシミがかゆいけども、そのままにしておいて
いつか病院でそのシミについて検査を促されたりすることが
結構あるんですよ。

 

顔のシミ コラム 画像

 

悪性の場合、はっきり言えば皮膚ガンの一つなので
手術で除去したり、抗がん剤を用いることになります。

 

一番の恐怖は、ご存知の方も多いと思いますが、
皮膚ガンはガンの中でも成長がもっとも速く、急速に拡大し
ちょっとでもそのままにするとがん細胞が全身に転移してしまいます。

 

皮膚の一部だけだろうと思っていても、肺などの臓器に転移しており
とんでもないことになっている人もいます。

 

通常真っ黒なシミが悪性腫瘍と言われることが多いですが、
肌色の薄茶色のシミでも悪性だったという方もいますので、
そのままにしておいてはいけません。

 

顔のシミ コラム 画像

 

シミが急に大きくなった、良性のイボ?といったような
判断が難しいものがあった時は、病院に行きましょう。

 

早く病院に行かないと、進行速度が速いので
後悔してしまうこともありますよ。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

顔のシミ 病気

顔のシミ コラム 画像

顔のシミが教えてくれる病気のサインとは?

 

 

シミは全身に出来るものですが、顔のシミは、
出来た場所によって場所を教えてくれることもあります。

 

シミが教えてくれる病気のサインをご紹介します。

 

 

顔のシミの場所で病気を知る!

 

顔のシミ コラム 画像

 

シミは嫌なものですよね。
しかし、出来てしまった場所によって
体調の変化を知ることが出来るかもしれません。

 

人の顔にはツボがたくさんあります。
その場所にシミが出来てしまうと、もしかして
そこが悪いかもしれないんです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

普通、目の下のクマが出来るところにシミが出来た時、
腎臓や膀胱が良くないと言われており、外に老廃物を
排出出来ていない可能性があるんです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

ほっぺに出来た場合、大腸や小腸など腸内環境が
荒れている
かもしれません。

 

顔のシミ コラム 画像

 

目頭に出来てしまうと胆のうの機能が悪いという
サインとのことですよ。

 

顔のシミ コラム 画像

 

顔のライン沿いに顔のシミが出来た時は、胃が悪いらしいので
暴飲暴食をしていないか、消化不良になっていないか、
普段から胃にダメージを与えていないか考えてみましょう。

 

顔のシミ コラム 画像

 

耳の近くに出来るシミは、全ての内臓が関わっていて
体全てのリンパの流れが良くなく、老廃物をしっかりと
排出出来ていないそうです。

 

顔のシミによって、体の病気のサインを知ることが出来るなんて
びっくりですよね。

 

目には見えないサインを知り、健診に行ったり、
病気ではないかな?と気付くのは助かりますね。

 

 

左右対称に出来る顔のシミは女性だけの症状?

 

顔のシミ コラム 画像

 

顔のシミにはいろいろ種類がありますが、
左右対称に同じところに出来るシミは、肝斑かもしれません。

 

肝斑はシミの仲間ですが、大きく広い範囲にシミが出来、
目の下に出来る時は、左にも右にも同じ大きさの
黒いシミが出来るんですって。

 

顔のシミ コラム 画像

 

若い女性に多いらしく、20〜30代の人が
その症状に悩まされます。

 

女性ホルモンが原因となっていることが多く、
ホルモンが乱れてメラニン色素が過剰に作られて
大きく目立つシミが出来てしまうんです。

 

結構目立つものなので、だいたいの女性は病院に行き、
治療しようと思うことが多いですね。

 

顔のシミ コラム 画像

 

内服薬で治療するのがほとんどで、体の血流を良くする
薬を飲むことになります。

 

シミは冷えで血流が悪い人や、血流が滞っている人が出来やすく
体の代謝をアップさせてシミがなくなるよう服薬して直します。

 

妊娠すると女性ホルモンが多くなって肝斑になる人が多く、
妊娠や出産をする20代頃から悩まされるシミなんです。

 

内服薬は、皮膚科などで出してもらえるので、
出産後に医師に相談しながら処方してもらいましょう。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

顔のシミを消す 自宅

 

 

顔のシミ コラム 画像

顔のシミを消すために自宅で行うこととは?

 

 

シミは出来てしまうと消すのは難しいです。
というよりも、どんどん増えてしまうこともあります。

 

顔のシミを消すために、自宅で何をすれば良いのか
調べてみました。

 

 

自宅で顔のシミを消す【運動編】

 

顔のシミ コラム 画像

 

女性の場合、シミは女性ホルモンが多いために出来やすく
酸素不足で全身に血が回らずに出来るそうです。

 

とりあえず、女性ホルモンの件はちょっと置いておいて、
有酸素運動を毎日続けると肌のターンオーバーが正常になり
シミが消えるらしいです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

急に毎日運動を続けるのは大変なので、全身に血液が
回るように体を温めましょう。

 

すぐに出来る簡単な方法は、腹巻を使ってお腹と背中を
一緒に温めるようにすると全身がポカポカになって、
冷えが解消されて血流が良くなるんです。

 

体全身を温めるツボがありますので、腹巻や緩めのサポーターを
巻くことで、運動せずに血液を全身に届けられます。

 

運動をするとしたら、呼吸を意識して運動し、
息を止めないように筋トレやウォーキングをするのがおすすめです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

顔のシミを消すには、お風呂でゆっくり汗をかくのも良いです。

 

シャワーだけでは冷え性になり、シミを増やしてしまうので
汗をかくくらいの温度のバスタブに浸かるのが良いでしょう。

 

 

顔のシミを消す【食事編】

 

顔のシミ コラム 画像

 

シミを本気で消したいと思ったら、
毎日数回に分けてビタミンCを摂りましょう!

 

ビタミンCはサプリで摂取するけども
なんで数回に分けなくてはいけないの?と
思ったりしますよね。

 

ビタミンCは、いっぺんに1日分を摂っても
数時間経ってしまうと、体に吸収されていなくても
無駄な分がおしっこになって出ちゃうんです。

 

朝にビタミンCを1日分サプリで摂取しても
ちょっとしか吸収されないままあとの分は無駄になるんです。

 

出来れば、1日3回に分けてビタミンCを摂りましょう。

 

顔のシミ コラム 画像

 

顔のシミを消すために食事にも気を付けた方が良いですが、
食事そのものをそんなに変える必要はありません。

 

しかし、シミの原因に大きく関係しているのが砂糖なので
砂糖がたくさん入っている食べ物は控えましょう。

 

顔のシミ コラム 画像

 

洋菓子には、たいていのものに砂糖が入っています。

 

カロリーゼロと言っても、合成甘味料が入っており、
それがとても体に良くないんです。
合成甘味料はガン細胞のエネルギーになるので控えましょう。

 

通常通りの食事はしても、砂糖が入っているものを
ハチミツに変えたりしましょう。

 

砂糖と同様にシミの大きな原因になるのが、
加工食品です。

 

加工食品は、ウインナー、ハム、冷凍食品ですが、
工場で製造されている食品にはシミの原因になるリンが
たくさん入っていますので、控えた方が良いですよ。

 

以上の食品を控えて、有酸素運動を続けていれば、
自宅でも顔のシミを消すことは出来ますし、
予防することも出来るかもしれません。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

顔のシミを消す 皮膚科

顔のシミ コラム 画像

レーザーで顔のシミを消す際の料金の相場について

 

 

どうしても顔のシミを消すという時は、
医療機関でレーザーなどの治療を受けることも出来ます。

 

高額な感じがしますが、料金の相場はいくらくらいなのでしょう?

 

調べてみました。

 

 

顔のシミを消すのにレーザー治療はいくら?

 

顔のシミ コラム 画像

 

スイッチルビーレーザーは痛みはあるのですが、
シミには効果的です。

 

美容整形での治療になるので、保険適用外になり
全額自己負担になってしまいます。

 

顔のシミ コラム 画像

 

1回で終わる方はほとんどおらず、
だいたい2〜3回ほど通って、5、6万円が普通です。

 

クリニックでのレーザー治療は、見えるシミ以上に
たくさんのシミを発見され、それを全部消すことを
すすめられてしまいます。

 

若くてシミが少ない人は1回で終わることもありますが、
料金は2万円以上してしまいます。

 

1回の負担金額が高いですが、綺麗に治りますし、
仕上がりも美しいのが長所です。

 

美容整形のサイトなどをチェックすると
1回2000円代などと記載されていますが、
1回はそのくらいですが複数個所一緒にやると
金額が高くなります。

 

顔のシミ コラム 画像

 

レーザー治療する際は、初回にクリニックに行った時に
カウンセリングしてから予約するという形式が普通で
だいたいの料金もこの時に決まるんです。

 

料金が高くなるのが困る方は、カウンセリングの際に
どの顔のシミを消すのか伝え、高額にならないように
相談
も出来ますよ。

 

 

レーザー治療をした際に大事なのはアフターケア

 

顔のシミ コラム 画像

 

レーザーでシミの治療をする際、だいたいの病院は
夏ではなく冬の季節が良いと言います。

 

顔のシミ コラム 画像

 

レーザー照射後、紫外線をちょっとでも当ててはならず
冬でも照射後にサングラスにマスクをし、治療部分に
紫外線が当たらないようにするんです。

 

レーザーを当てた部分はガーゼを貼ったりもするので
その間はメイクも出来ません。

 

広い範囲にレーザーを当てる時は、メイクが出来ないこと、
絆創膏などを貼らなければいけないということを
理解していないといけませんね。

 

レーザーが嫌だなという方は、光を当てて治療も出来ますが、
かなり料金が高額でレーザー治療の3倍にもなりますが、
行ったその日からメイク可能です。

 

顔のシミ コラム 画像

 

レーザーや光の他にも、塗ってシミを消すコースなども
ありますので、カウンセリングを受ける際に、
シミの状態や料金で選択出来ます。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

 

肝斑とシミの違い

 

顔のシミ コラム 画像

普通のシミ肝斑の違いについて

 

 

肝斑も大きく分けた場合、シミの仲間ではありますが、
出来る仕組みが異なります。

 

肝斑とシミの違いを知ることで、防いだり、
消すことも出来ますので、
肝斑の見分け方をご紹介しますね。

 

 

肝斑とシミの違いとは?

 

顔のシミ コラム 画像

 

シミは、紫外線を浴びて肌をガードするために
メラニン組織が出来る生理現象ですが、正常な肌サイクルならば
役目が終わったシミはなくなるのですが、サイクルが乱れると
そのまま皮膚の奥に残ってしまうんです。

 

肝斑もシミの仲間ではありますが、出来る仕組みが
普通のシミと全然違います。

 

顔のシミ コラム 画像

 

普通のシミは紫外線を浴びることでメラニン組織に
色素沈着して出来てしまいますが、肝斑は紫外線に当たらなくても
出来てしまうんです。

 

肝斑は見た目大きな薄めのシミで、普通のシミの何十倍も
大きいです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

シミは普通の皮膚との境界線がはっきりしていますが、
肝斑はだんだんうすくなって境界線がなく
肌に溶け込んでいるかのように端がぼやけているんです。

 

茶色っぽかったり、黒までいろいろな大きな斑点みたいに
形成されています。

 

20〜30代に出来やすく、顔や手に出来ることが多いんです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

女性ホルモンの乱れが原因と言われており、
ストレスも深く関わっているとも言われているんですよ。

 

顔を普段から擦り過ぎていてダメージを与えている人や
強くストレスを感じている人はなりやすいみたいですね。

 

妊娠した女性はたくさん出来ますが、妊婦さんでなくても
ピルを以前に飲んことがあったり、服薬中だと出来やすいそうです。

 

 

肝斑の治療はどこでしたら良い?

 

顔のシミ コラム 画像

 

肝斑は、そのままにしておくと50代に入ると
消えてしまう人もいるそうですよ。

 

ちょうどこの年齢は閉経して女性ホルモンの分泌量が激減し、
このことが関係しているとのことです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

肝斑はとても目立ちますので、若い人に出来ると
とても悲しくなりますが、治療をするならば普通の皮膚科か
出来れば美容皮膚科に相談すると良いですよ。

 

内服薬で治療するのが主な方法で、ビタミンCと血行改善の
薬を出されて、しっかり服薬することで肝斑がなくなります。

 

レーザーで治療してもらおうと整形外科で治療すると
さらにひどくなることもあります。

 

普通のシミの特性と全く異なるので、
レーザー治療では悪くなってしまうのです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

生活習慣の変化で消える方もいるそうですが、
繰り返し出来る方もいるとのことなので、
しっかり消したい方は病院に行きましょう。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

顔のシミを消す薬 トランサミン

顔のシミ コラム 画像

顔のシミを消す薬のトランサミンについて

 

 

シミや肝斑は治療するのが困難と言われていますが、
病院では内服薬や塗り薬で治療するようです。

 

内服薬に入っている成分はトランサミンですが、
どんな作用があるのか調べました。

 

 

顔のシミを消す薬のトランサミン

 

顔のシミ コラム 画像

 

肝斑は20〜30代の出産時期に入る女性の肌に出来る
シミの仲間の1つで、女性ホルモンの乱れやストレスが
原因となって出来るということがわかっています。

 

顔の目立つ場所に大きな黒いシミのように出来るので
女性にとってはとてもわずらわしいものです。

 

大きなシミのように顔の左右に対照的に出来、
遠くから見ても目立ってしまうくらいのシミ状になって
気になってしまいます。

 

そのままにしておいても健康に害を及ぼすことはないですが、
見た目が綺麗ではないですし、メイクでカバーするのも
限度がありますので、たいていの方は治療します。

 

顔のシミ コラム 画像

 

病院で内服薬を処方してもらう方が多いのですが、
トランサミンという薬を処方してもらいます。

 

トランサミンはアミノ酸の一つのトラネキサム酸のことで
肝斑のみならず炎症を抑制する作用や、アレルギーを緩和する
作用などがあるので、口内炎治療にも使われます。

 

一番興味を惹かれるトランサミンの作用は、
メラニン生成を活発にするプラスミンを抑制する作用
もっとひどくなるのを予防しつつ治すんです。

 

 

トランサミンの副作用は?

 

顔のシミ コラム 画像

 

トランサミンはアレルギーを緩和する作用もあり、
副作用はほとんどありませんが、止血剤としても
医療現場で使用されている薬の一つでもあります。

 

処方時に説明を受けると思いますが、人によっては
胸や消したり、嘔吐したり、発疹の症状が出ることもあるので
その際は病院に相談するようにしましょう。

 

医療現場ではいろいろな症状に使用されますが、
合わないという方もいますので、その際は肝斑の治療は
他の方法を用いることになります。

 

シミの状態によって、トランサミンを用いらずに
レーザーで様子を見るということもありますので、
担当医によって治療法が大きく異なることがあります。

 

副作用とはまた別ですが、妊婦さんはトランサミンを
服用出来るのでしょうか?

 

顔のシミ コラム 画像

 

基本的には、平気です。トランサミンは妊婦さんでも
服用可能
な薬と言われているので、医師と相談した上で
妊婦さんも処方されることもあります。

 

妊娠していることを知らずにトランサミンを服用しても
たいてい心配ないので慌てなくて大丈夫です。

 

そのまま服薬を続けても良いですが、飲んでいる途中で
妊娠が判明した時はそのまま続けるのか、
中断するのかを医師に相談しましょう。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

 

顔のシミを消す薬 塗り薬

 

 

顔のシミ コラム 画像

顔のシミを消す塗り薬のおすすめとは?

 

 

顔のシミを消すには、塗り薬も用いられます。

 

どんな種類の塗り薬が使用されているのか
本当に顔のシミを消す薬なのか調べました。

 

 

顔のシミを消す薬に効く塗り薬はどんなもの?

 

顔のシミ コラム 画像

 

顔のシミを消す薬と言ったら、皮膚の漂白で知られている
ハイドロキノンです。

 

ネーミング通り、塗ったところは脱色したように
色素が抜けてしまうので、大きなシミが出来た時は
効果があります。

 

強力な薬なので、利用方法を厳守しないと肌の色までが
脱色されてしまい、塗ったところが真っ白に
抜けた変な肌になってしまうこともあります。

 

病院で処方されるときは、きちんと使用方法を説明されるので
しっかりと守り、必要以上に使わないようにしましょう。

 

顔のシミ コラム 画像

 

1回抜けてしまった白い皮膚は、再度肌色になることはない
と言われているので、大変なことです。

 

前は病院での処方しかなかったのですが、
近年では同じ成分が入ったコスメが安くネットで
手に入るようになりました。

 

病院で処方されるときは、成分が強力なので
感謝の肌の状態に合わせて適切に処方されます。

 

顔のシミ コラム 画像

 

普通に出回っている薬の強さは、安全基準なので
問題はないのですが、もっと強い塗り薬が欲しいからと
ハイドロキノンの高濃度のものを個人で輸入すると危険です。

 

医療用以外の高濃度なハイドロキノンを入手して
自分勝手に使うと、発癌の危険があるということが
イギリスの調査で判明しています。

 

普通に病院で処方される塗り薬や、コスメに入っているものは
安全基準になっているので心配いりません。

 

 

顔のシミを消す薬の値段はいくらか?

 

顔のシミ コラム 画像

 

顔のシミを消す薬のハイドロキノンは、国内では
残念なことに保険適用外ですので全額自己負担です。

 

かなり高めで、1回の受診で5000円程になります。

 

それから、効果を実感出来るのが2〜3ヵ月くらいからで
それまでに何度も通院したり、高い塗り薬を処方してもらわないと
いけないんです。

 

それなのに大人気なのは、シミを脱色する効果が高く、
レーザーを使わないので楽だったり、痛みがないからという
意見があるからです。

 

高額ですが、外国でも確実な実績がありますし、
日本国内でもその効果が認可されています。

 

顔のシミ コラム 画像

 

効果がある塗り薬ですが、体に負担もかかりますので
妊婦さんや授乳中の方は処方されます。

 

同様のハイドロキノン配合のコスメも販売していますが、
医療用と比較してかなり配合量が少量なので
コスメを使用する時はそんなに気にしなくて良いですよ。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

顔のシミを消す薬 皮膚科

顔のシミ コラム 画像

皮膚科で顔のシミを消す薬を処方してもらう際は保険適用?

 

 

皮膚科で顔のシミを消す薬を処方してもらう際、
保険は適用されるのでしょうか?

 

同様にレーザー治療をする際も、
料金は保険適用なのかどうなのかを調べました。

 

 

レーザーを使用して顔のシミを消す時の料金

 

顔のシミ コラム 画像

 

シミや肝斑は、健康を害してしまうような病気ではないです。
そのまま放置していても、特に生活に支障ないので
国内では疾病扱いにならず保険は適用外です。

 

皮膚科や美容皮膚科で診断された場合、
治療に使用される薬や費用などは全部自己負担になるのが
普通のことです。

 

レーザーを使う時も全部自己負担なので、
はじめからお金がかかると覚えておきましょう。

 

肝斑の場合は、そのシミの状態によっては
患者がレーザーをしたいと言っても出来ないこともあります。

 

カウンセリングの際は、保険も掛かりませんし、
お金についてもどんどん聞くと良いですね。

 

皮膚科でレーザーをする時は、クリニック同様、
1回のレーザー照射に1万円以上かかるのが通常です。

 

照射部分が大きいと、数回に分けて何度も繰り返すので
トータルで掛かる料金が10万円を超えることもあるんです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

保険適用外なので、高額になることが多く
はじめにどのくらいかかるのか、シミの状態を
しっかり見せてカウンセリングしてもらいましょう。

 

保険適用外なので、当初から皮膚科に行くことなく
美容クリニックで治療をしてしまう方もいますよ。

 

クリニックでは、レーザー、光治療、ジェル塗布といった
いろいろな治療方法から選択も出来ます。

 

 

保険適用の治療方法はある?

 

顔のシミ コラム 画像

 

シミは、疾病ではないのでレーザーを使わなくても
保険適用にはなりません。

 

皮膚科でシミの治療と同時に、別の部分の治療をしても
一緒に保険適用になるということはないです。

 

シミや肝斑を内服薬で治療することもありますが、
こちらも保険適用外なので薬を処方される際は
1ヵ月5000円程かかります。

 

同時にビタミンCも処方されることが多いですが、
病院から処方されるサプリは高額ですので
効能などを聞いた上で断っても構いません。

 

実際に病院から処方されるビタミンCは、
普通に販売されているものよりも4倍くらいの金額
びっくりしますよ。

 

顔のシミ コラム 画像

 

シミの治療にビタミンCが必要なのはわかりますが、
高額過ぎる時は、自分でサプリを購入した方が
良いかもしれません。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

 

顔のシミを消す薬の副作用

 

 

顔のシミ コラム 画像

顔のシミを消す薬の副作用は?

 

 

シミの治療を病院でする際、大きく分けると
レーザーと内服薬の2つの治療方法から選択します。

 

医師が判断して処方される薬ですが、
副作用はないのか調べてみました。

 

 

シミの治療で内服薬を飲む際の副作用

 

顔のシミ コラム 画像

 

シミの治療を受ける時、レーザー治療するのか、
内服薬で治療するのか、とりあえず2つとも試してみて
より効果があった方を選ぶという人がいます。

 

内服薬を処方される際には、トランサミン(トラネキサム酸)という
口内炎治療、抗アレルギー治療、風邪薬に使われる薬
処方されます。

 

医療現場では止血剤としても使用されており、
この効き目が副作用になるのではないかと言われているのです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

少量ならば問題ありませんが、止血剤なので、血栓が出来やすくなり、
脳梗塞や心筋梗塞を起こすといった副作用の可能性があります。

 

トランサミンはいろいろな薬として使われていますが、
シミの治療でこの薬を服薬しながら、他に風邪薬を処方されると
血行が悪くなってしまうことがあります。

 

これを予防するため、お薬手帳を提示したりして
別の薬を摂取する際は相談し、薬が重複して
副作用を起こさないように注意しましょう。

 

トラネキサム酸はネットでも美白薬として販売していますが、
これを摂取しながら他の薬を飲むことで
血栓などの副作用が起きてしまうことがあります。

 

ネットなどで購入すると薬剤師さんや医師に相談も出来ず
自分の責任になり、ちょっと怖いところがありますね。

 

 

顔のシミを消す塗り薬の副作用

 

顔のシミ コラム 画像

 

顔のシミを消すと言ったら、ハイドロキノンです。

 

外国でも肌の漂白、シミ取りとして人気があり、
国内でも皮膚科などで処方してもらうことが出来ます。

 

ハイドロキノンを処方して欲しい方は、
病院に行った際に治療にハイドロキノンを使いたいということを
自分で言わないと出してもらえないこともあります。

 

ハイドロキノンは漂白効果がありますが、
副作用がちょっと面倒なものです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

通常ハイドロキノンを使用すると、その肌のところが
日焼けを全くしなくなり、素肌の奥まで紫外線が入り込み
軽くやけど状態になってしまうのです。

 

顔のシミ コラム 画像

 

ハイドロキノンを使用すると日光に当たれないので
日焼け止めを忘れずに使うか、紫外線カットの洋服で
素肌をガードしなければ皮膚が赤くなって、重症だとただれます。

 

こんな副作用と言いますか、この薬の特性なので
使って治療するならば紫外線の量が少ない冬に行うように
すすめられることが多いです。

 

薬自体が漂白効果が強力なので、妊婦さんや授乳中の方には
おすすめ出来ません。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る